お問合せ

メニュー

042-975-1234営業時間9:00~18:00
土日祝は除く

見積り・お問い合わせ

データ入稿

インクジェットのエコ マテリアルリサイクルとは?

マテリアル

リサイクルは大きく分けて3つに分かれます。

 

  • マテリアルリサイクル
  • ケミカルリサイクル
  • サーマルリサイクル

 

です。

 

特にマテリアルリサイクルは、3つのリサイクルの中で最も優先すべきリサイクルと位置付けられています。

 

では、マテリアルリサイクルからできるインクジェットメディアとは?

 

本記事ではマテリアルリサイクルを利用したインクジェット用のファブリッククロスとパネルをご紹介します。

目次

マテリアルリサイクルとは?

【マテリアルリサイクル】

マテリアルリサイクルとは、廃棄物などをフレークやペレットという再商品化製品(原材料)にしたのちに、再び同じ製品か、別の製品に再利用(リサイクル)されることです。

「材料リサイクル」「材料再生」「再資源化」「再生利用」などとも言われます。

 

つまり、回収した「モノ」から新しい「モノ」を作り出す方法です。

具体的な例では、回収した缶を潰して溶かして、新しいスチール缶やアルミ缶を作ったり、

回収したペットボトルを繊維化し、服などにリサイクルしたりするのがマテリアルリサイクルです。

【水平リサイクルとカスケードリサイクル】

マテリアルリサイクルには2つの方法があります。

  • 水平リサイクル・・・使用済みの製品がいったん原料となり、同じ種類の製品に作り変えられることです。
    いわゆるPETボトルからPETボトルを作るということです。
  • カスケードリサイクル・・・使用済みの製品を前とは違う製品や、品質の低い製品に作り変えることです。
    例えば、スチール缶から鉄鋼に再生したり、PETボトルから食品トレイや白衣にリサイクルしたりすることです。

インクジェットメディアのマテリアルリサイクル品 PETボトルクロス

再生PET

【PETボトルクロスとは】

PETボトルクロスとは、廃棄、回収されたPETボトルを一度ペレット状にして、100%のリサイクル原糸で作られたインクジェット用クロスです。

 

PET(ポリエチレンテレフタレート)はプラスチックの中でも、リサイクルされやすい素材ですが、リサイクルされないと海洋汚染や、環境汚染の問題となります。

 

廃棄・回収されたPETをマテリアルリサイクル(カスケードリサイクル)して、まったく違うインクジェット用クロスに作り変えました。

【従来のインクジェット用クロスとの違い】

従来のインクジェット用クロスは、主にポリエステル100%の化学繊維からできています。

 

ポリエステルの原材料はじつはこれもPETです。

PETはプラスチックの一部であり、いわゆる石油由来の素材です。

枯渇性資源である化石燃料の石油から作られるPETを利用せず、廃棄・回収されたPETを「再使用」することが、地球環境に配慮した取り組みと言えます。

【PETボトルクロスの用途】

PETボトルクロスは下記の用途に使用できます。

 

  • タペストリー
  • 天吊りバナー
  • 横断幕
  • バナースタンド
  • ロールスクリーン

PETボトルクロスの詳細はこちら

インクジェット用パネルのマテリアルリサイクル品 ミルクパネル

ミルクパック画像

【ミルクパネルとは】

ミルクパネルとは、牛乳パックなどの飲料用パックや、使用済みの紙コップなどからマテリアルリサイクル(カスケードリサイクル)された100%再生紙の段ボールパネルです。

表面だけでなく、芯材も乳白色なので意匠性に優れています。

 

直接UVインクジェット出力機でプリントが可能な、環境配慮型パネルです。

【従来のスチレンパネルとの違い】

パネルというと、スチレンパネルが主流ですね。

スチレンパネルは「スチレンボード」「ドライマウント」「ハレパネ」などとも言われます。

 

このスチレンパネルは「ポリスチレンフォーム」という、石油由来のプラスチックからできています。

そのため、製造時や廃棄時に排出されるCO2は、温室効果ガスの問題ともなっています。

【ミルクパネルの用途】

ミルクパネルは下記の用途に使用できます。

  • ポスターパネル
  • POP
  • キャプションパネル

ミルクパネルの詳細はこちら

まとめ

インクジェットのエコ マテリアルリサイクルとは?をまとめます。

  • マテリアルリサイクルとは、廃棄物などをフレークやペレットという再商品化製品(原材料)にしたのちに、再び同じ製品
  • マテリアルリサイクルには「水平リサイクル」と「カスケードリサイクル」の2つがある。
  • PETボトルクロスは、廃棄・回収されたPETボトルからマテリアルリサイクルされたインクジェット用クロス。
  • ミルクパネルは、使用済みの飲料用パックなどからマテリアルリサイクルされたインクジェット用パネル。

環境省の循環型社会形成推進基本法によって定められたリサイクルの優先順位は、リデュース(削減)→ リユース(再利用)→ マテリアルリサイクル(ケミカルリサイクル)→ サーマルリサイクルの順です。

 

優先順位の高い「リデュース(削減)」は、不要なものは極力作らずゴミを削減しようということです。

「リユース(再利用)」は、そのまま使いまわすということです。

 

しかし、新商品などの広告となるとリデュースもリユースもできません。

 

ただ、マテリアルリサイクルされた製品を使用することで、広告主である企業は地球環境や社会に配慮していると認知されることでしょう。

今後はこういった取り組みを 広告業界全体で考えなくてはなりません。

プロフィールアイコン

Writer

N.Kuribayashi

 某大学卒業後、休みが多いというだけで何をやっているのかわからなかった会社に就職したのが運の尽き。それがこの業界。株式会社サインアーテックに転職したのが16年前。かれこれ31年この業界にいるのでサイン・ディスプレイ業界のことはだいたいわかっているつもり。

関連記事

PAGETOP