お問合せ

メニュー

042-975-1234営業時間9:00~18:00
土日祝は除く

見積り・お問い合わせ

データ入稿

デジタル壁紙

オリジナルの壁紙を簡単にオーダーできる!

当社ではデジタル壁紙によって小ロットからでも手軽にオリジナルの壁紙をオーダーすることができます。

リンテックやニチエなど国産有力メーカーの不燃壁紙を常時在庫しているので、短納期の多い店舗内装建設現場にも対応しております。

また最近では消臭壁紙抗菌壁紙のほか、金の表現を可能にした壁紙といった付加価値のあるクロスへのインクジェット出力も可能となり、店舗だけでなく一般消費者の住宅への普及も見込まれ、この分野へのインテリア製品企画のOEM供給によるバックアップにも力を入れております。

デジタルプリント壁紙

デジタル壁紙の用途

  • 商業施設
  • ホテル
  • レストラン
  • オフィス
  • 医療・福祉施設
  • 公共施設ほか多数

デジタル壁紙に使えるメディア一覧

不燃壁紙(NIJ-WPP プレーン)不燃

不燃壁紙(NIJ-WPP プレーン)

画像をクリックすると拡大します

特徴 シンプルなプレーンタイプのデジタル壁紙。
防火認定、F☆☆☆☆認定取得で、液体コーティング不要で使用できます。
素材 PVC壁紙
厚み 270μm
印刷最大幅 940mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):○
UV:×
ラテックス:○
昇華(ダイレクト):×
使用場所 屋内○/屋外×

不燃壁紙(NIJ-WPE エンボス)不燃

不燃壁紙(NIJ-WPE エンボス)

画像をクリックすると拡大します

特徴 表面がエンボス調のデジタル壁紙。
防火認定、F☆☆☆☆認定取得で、液体コーティング不要で使用できます。
素材 PVC壁紙
厚み 270μm
印刷最大幅 940mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):○
UV:×
ラテックス:○
昇華(ダイレクト):×
使用場所 屋内○/屋外×

不燃壁紙(NIJ-WPC キャンバス)不燃

不燃壁紙(NIJ-WPC キャンバス)

画像をクリックすると拡大します

特徴 表面にややざらつきのあるキャンバスタイプのデジタル壁紙。
防火認定、F☆☆☆☆認定取得で、液体コーティング不要で使用できます。
素材 PVC壁紙
厚み 270μm
印刷最大幅 940mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):○
UV:×
ラテックス:○
昇華(ダイレクト):×
使用場所 屋内○/屋外×

不燃壁紙(PRSO100S スタッコ)不燃

不燃壁紙(PRSO100S スタッコ)

画像をクリックすると拡大します

特徴 防火認定、F☆☆☆☆認定取得で、液体コーティング推奨のデジタル壁紙。
素材 PVC壁紙
印刷最大幅 950mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):○
UV:×
ラテックス:○
昇華(ダイレクト):×
使用場所 屋内○/屋外×

不燃壁紙(PRSO200H 平織)不燃

不燃壁紙(PRSO200H 平織)

画像をクリックすると拡大します

特徴 防火認定、F☆☆☆☆認定取得で、液体コーティング推奨のデジタル壁紙。
素材 PVC壁紙
印刷最大幅 950mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):○
UV:×
ラテックス:○
昇華(ダイレクト):×
使用場所 屋内○/屋外×

不燃壁紙(PRSO400F フラット)不燃

不燃壁紙(PRSO400F フラット)

画像をクリックすると拡大します

特徴 防火認定、F☆☆☆☆認定取得で、液体コーティング推奨のデジタル壁紙。
素材 PVC壁紙
印刷最大幅 950mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):○
UV:×
ラテックス:○
昇華(ダイレクト):×
使用場所 屋内○/屋外×

eco壁紙(フラット)不燃

eco壁紙(フラット)

画像をクリックすると拡大します

特徴 オレフィン基材を使用することで環境負担を低減。
F☆☆☆☆認定の不燃エコ壁紙。
素材 オレフィン発泡層+不燃紙
重さ 約250g/㎡
印刷最大幅 930mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):○
UV:×
ラテックス:×
昇華(ダイレクト):×
使用場所 屋内○/屋外×

デジタル壁紙の加工方法

基本的にカットアウトのみとなります。

失敗しないデジタル壁紙の選び方

デジタル壁紙とは

デジタル壁紙とは、インクジェットで出力した内装の壁紙です。

近年、インテリア業界や店舗などで、オリジナルの柄を要望されることが多くなり、インクジェットで出力できるデジタル壁紙が開発されました。

 

さらに、デジタル壁紙の多機能版で、部屋の臭いをとる「消臭壁紙」や、コロナの影響で需要が高まった「抗菌壁紙」など、ご要望に沿うデジタル壁紙も弊社のラインナップに入っています。

 

 

 

失敗しないためのポイント!

デジタル壁紙もいろいろありますが、失敗しないポイントは、液ラミを施すかどうかです。デジタル壁紙によっては、液ラミ推奨のものがあります。

液ラミとは、インクジェットで出力したあとに、インクの保護を目的に加工される液体のラミネートのことです。

特に人が触れてしまうデジタル壁紙などは、液ラミをしないとインクが付着する恐れがあります。

 

逆に液ラミをしなくても使えるデジタル壁紙もあります。

用途やシーンによって使い分けしましょう。

 

また、デジタル壁紙は分割仕上げがほとんどです。

そのため、絵柄がズレたり、色がパーツによって変わってしまったりするケースが多いです。

 

さらに、デジタル壁紙の種類によっては、糊付けしたときに数%伸びるものもあります。

これを計算してデータをつくらないと想像していた仕上がりと変わってしまいます。

 

以上のことから、ノウハウのある信頼できる制作会社に依頼することを強くおススメします。

弊社は、壁紙のデータの作り方や、用途やシーンに合ったデジタル壁紙をご提案することができます。

ご不明な点は、弊社スタッフまでご相談ください。

デジタル壁紙のよくあるご質問

施工までお願いできますか?

基本的に関東近郊であればご対応可能です。それ以外の場合は一度ご相談ください。

PAGETOP