お問合せ

メニュー

042-975-1234営業時間9:00~18:00
土日祝は除く

見積り・お問い合わせ

データ入稿

スイングバナー

スイングバナー

美しい曲線でアイキャッチ効果抜群のバナー!

カーブを描くフォルムが美しいスウィングバナーはヨットの帆のようなシルエットが特徴で、通常ののぼりとの最大の違いは旗が風でまくれ上がらないという点です。

さらに通常ののぼりより視覚効果が高いので、宣伝効果抜群の販促アイテムです。

また当社ではインクジェット印刷のため、1枚からでもお好きなデザインで制作することが可能です。(デザインや制作枚数によってはシルク印刷にて対応いたします)

自立させるためのスタンドや専用ポールもご用意いましますので、到着後すぐにお使いいただけます。

各種加工についてもお気軽にご相談ください。

スイングバナーの用途

  • 飲食店、カーディーラーなどの宣伝
  • お店の屋号やPR
  • キャンペーン案内
  • 学校のイベントや行事の案内
  • パチンコ屋の新台宣伝

スイングバナーに使えるメディア一覧

ポンジ防炎○

ポンジ

画像をクリックすると拡大します

特徴 のぼりの定番生地。
裏面までインクが浸透し、裏面から見ても柄がはっきり見えます。
素材 ポリエステル
厚み 0.14mm
重さ 60g/㎡
印刷最大幅 1730mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):×
UV:×
ラテックス:×
昇華(ダイレクト):○
使用場所 屋内○/屋外△

スイングバナーの加工方法

スイングバナーの加工はポールに取り付ける際の「袋加工」のほか、周囲の補強として「三巻き縫製」をします。

袋加工

袋加工

中にポールが入るよう、曲線に沿って袋状に縫製します。

三巻き縫製

三巻き縫製

端から2回折り返して縫製する加工で、生地のほつれがなくなり、強度も上がります。

生地が3枚重なっていることから「三巻き」と呼ばれています。

スイングバナーの部材

スイングバナー 部材

専用の部材がセットになります。

スイングバナーの施工方法

専用のポールを袋加工に通し、スタンドに設置します。
スタンドは注水式タイプが多く見られますが、コンクリートタイプやモルタルタイプなどもあります。

スイングバナーのよくあるご質問

スウィングバナーにグラデーションや写真はいれられますか?

はい、グラデーションも可能です。
また写真などフルカラー画像もスウィングバナーのデザインに入れることが可能です。

既製品はありますか?

申し訳ございません、既製品の取扱はありません。すべてオーダーで制作いたします。

スイングバナーが汚れてしまったのですが、洗っても大丈夫ですか?

スイングバナーを洗うことはおすすめできません。生地が薄手のため耐久性が低く、印刷部分の色落ちが起きる可能性があります。

防炎加工はできますか?

はい、可能です。その場合防炎ポンジを使用します。

PAGETOP