お問合せ

メニュー

042-975-1234営業時間9:00~18:00
土日祝は除く

見積り・お問い合わせ

データ入稿

アクリルタック

塩ビタックの代替品、PVCフリーのエコタックメディア!

アクリルタックはPVC(ポリ塩化ビニル)を使用していないアクリル基材の環境に配慮したメディアです。

従来の塩ビタックの代替品として利用できることから、ウィンドウサインや看板などにご利用いただけます。

ラミネートもPVCフリーの専用ラミネートがありマット、グロスをお選びいただけます。

またRoHS指令に適合している商品となるので、輸出商品のラベルとしても使用できます。

アクリルタックの用途

  • ステッカーの代替品
  • ウィンドウサイン
  • 目隠しシール

アクリルタックのスペック

アクリルタック防炎×

アクリルタック

画像をクリックすると拡大します

特徴 PVCフリーの環境に配慮した糊付きメディア。
アクリル系粘着糊/強粘着グレー。
塩ビタックの代替品として使用できます。
素材 特殊アクリルフィルム
厚み 50μm
印刷最大幅 1370mm
印刷機種別 溶剤系(エコソルベント):○
UV:×
ラテックス:×
昇華(ダイレクト):×
使用場所 屋内○/屋外○

アクリルタックの加工方法

通常印刷面にラミネート加工をするのが一般的です。

これは印刷面をキズや汚れから守ることと紫外線から色の退色を防ぐ役割があります。

ラミネートはPVCフリーの専用ラミネートを使用し、マットとグロスの2種類から選べます。

カットはカッターで簡単に切れますしカットマシンでさまざまな形にすることも可能です。

アクリルタックの施工方法

貼る被着体や掲示場所で施工方法は変わります。

通常は位置を決めたら裏面の離型紙を剥がしながらスキージーを使用して貼っていきます。

このときシートと被着体の間に空気が残ると気泡となっていまい、剥がれや浮きの原因となるので注意が必要です。

ウインドウサインなどは特に気泡が入りやすいので多くは「水貼り」をします。

これは中性洗剤を混ぜた水を窓やシートの糊面にスプレーで拭いて貼っていく手法です。

水貼りすることによって気泡が抜けやすく、綺麗に貼ること可能です。

 

大きいサイズは分割して制作します。通常は縦に分割して、重なり(オーバーラップ)が10〜20mm程度になるように調整して制作します。

 

アクリルタックは塩ビタックと異なり、伸縮性がないことから曲面には向きません。

アクリルタックのよくあるご質問

屋外使用は大丈夫ですか?

はい、問題ありません。屋外耐候5年となります。

エコの観点から従来の塩ビタックとの違いは何ですか?

従来のサインで使われる塩ビタックやステッカーなどは素材が「PVC(塩ビ)」となります。
PVCには塩素が含まれており、焼却時に出るダイオキシンの原因となるほか、PVCに含まれる「可塑剤」も環境に悪い物質と言われています。
アクリルタックは素材がアクリルなのでPVCを含まない素材という面で環境配慮型メディアとなります。

PAGETOP