ポスター

広告や告知など様々な場面で使われるポスターは、誰もが一度は目にしたことのある販促物です。
ここではポスターの印刷方法と、ポスターに適したインクジェット印刷用のメディアをご紹介します。
定番の合成紙をはじめ、大型のポスター作成も可能となっています。

ポスターの印刷方法 オフセット印刷とオンデマンド印刷

ポスターには大きく分類してオンデマンド印刷とオフセット印刷の2種類の技法があります。
それぞれの特徴と、使い分けについてご説明します。

【オフセット印刷】
高品質な商業印刷方法で、4色のCMYKインク(シアン/マゼンタ/イエロー/ブラック)を使い、版を用いて印刷します。
写真や文字などを高精細に表現することが可能ですが、大量の印刷向けなので、数が小ないときはオンデマンド印刷よりも割高になってしまうことがあります。

オフセット印刷 事例

【オンデマンド印刷】
デジタルデータを直接出力します。
刷版の工程がないので、数が少ないときはオフセット印刷よりも低いコストでの印刷が可能です。また制作納期もオフセット印刷より短縮することができます。
しかしながら、極小さな文字や細い罫線の表現には限度があるので注意が必要です。
当社ではこちらのオンデマンド印刷での対応になります。

オンデマンド印刷 事例

4種類のポスター向けメディアと使い方

合成紙 アイコン

【合成紙】
合成樹脂が主原料となっているので、紙自体に耐久性があり破れにくいのが特徴です。
また印刷の再現性にも優れているので、色ムラも少ないメディアです。

印刷表面にラミネートを施すことで、屋外での使用も可能です。(条件あり)

マット紙 アイコン

【マット紙】
表面がマットタイプになっています。
光沢感がないので写真を使ったデザインには不向きですが、カラーイラストや文字を使ったデザインには、深みのある色合いを表現することができます。

短期で屋内使用を目的とした方におすすめです。
※ラミネート加工を行っても、屋外使用には向きません。

マット紙 アイコン

【光沢紙】
表面に光沢感があるので、色の再現性に優れたメディアです。
写真が多く使われていたり、高級感を演出したいときにおすすめです。

また、印刷幅が1,500mmまで対応しているので、大型ポスターの制作にも対応可能です。
※ラミネート加工を行っても、屋外使用には向きません。

バナーPET アイコン

【バナーPET】
PET基材にPVCコートをしたメディアです。
表面はややざらっとしたマット調で、ハレーション(照明の反射)を軽減することができます。

両面テープなどで取り付けても、印刷面にテープ跡の影響を出すことなく、デザインクオリティを保つことが可能です。

カールしにくく、柱巻きやバナーとしても活用されています。
印刷幅は1,500mmまで対応しています。

 

制作から施工までおまかせください!

屋外看板 施工 事例
高所作業車を使った取り付け施工の例

当社では制作から取り付け施工まで一貫して行うことが可能です。
熟練の職人がスムーズに作業を行います。

経験豊富なスタッフが対応致します!ぜひお気軽にご相談ください。